9ed7bcb23741bfbfb0e414f0296fb8f9_m

唐仁原 洋介:お金について何を知っていますか?

こんにちは、唐仁原です。

今日は『お金について価値観の話』です。

アメリカなどでは幼稚園からハイスクールまで、発育段階に合わせた「マネー教育」というものを実施しています。企業の社長や著名人などが子ども達の前で、実体験などを含めた話をしてくれたり、旬な話題をかみ砕いて話してくれたりと、大人でも参加したくなるようなおもしろいプログラムなどもあります。

対して日本では「マネー教育」どころか、心のどこかで「お金儲けは汚いもの」という感覚があります。「清く貧しくの精神」や謙遜や遠慮などの気持ちもあるのでしょうが、この感情のもとにあるのは幼少期の教育が根本的な部分にあるからだと思います。
98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
誰でもお金は大事ですよね。

病気をしたときに病院にかかるにもお金がかかります。子供や孫の教育にもお金がかかります。食物、住居、交通、生きていくだけでもお金はかかります。幸せをお金では買えませんが、誰かの幸せのために使ったり、なるべく不幸を回避するために使うことはできるはずです。
お金のことを考えることは決して汚いことではありません。考えすぎるのもどうかとは思いますが、日本人の多くの方がお金に対して関心が無さすぎます。むしろ無関心を装っているというべきなんでしょう。

まずはお金と正面から向き合ってみましょう。そして理解していきましょう。

あなたが汚いと思っていた「お金」があなたや、家族の幸せを作ってくれることがあるかもしれません。

tel

55

logo

logo2

1


カテゴリー: 真山 壮

admin

株式会社プレミアバンク - 2015年3月23日

コメントを残す