1

須藤順平:脳のトレーニングってしていますか?

皆様、こんにちは。
株式会社プレミアバンクコンサルティング事業部の須藤です。

皆さん、脳のトレーニングってしていますでしょうか?

脳というのは、筋肉と同じで使えば使うほど、頭の回転スピードが早くなり、物事を瞬時に判断したり、記憶力が上がります。しかし、使わないで、脳が衰えると、計算が遅くなったり、新しいことを覚えられなくなったり、物忘れが激しくなったりします。

脳の神経細胞は5歳くらいまで、急速に成長して、神経細胞が大きくなるとともに、樹状突起が遠くまで枝を伸ばして神経回路網が発達し、20歳になるまで脳の重量は増え続けますが、20歳を過ぎると脳の重量と容積は減少していきます。

3

脳の神経細胞の数は、生まれたときが一番多く、加齢とともに減っていき、神経細胞の数は、2歳ぐらいまでに7割ぐらいが消えてしまいます。そして、部位によってはその後、神経細胞の数はほとんど変わりません。

しかし、神経細胞の数は減っても、細胞と細胞とがつながっている、ネットワークさえ密になっていれば、なっているほど、頭の回転はむしろよくなります。なので年を取っているからと諦めてしまうのはもったいない事なのです。

脳のトレーニングというと、勉強を連想してしまうと思いますが、もっと効果的な方法がウォーキングやストレッチ等の、激しすぎない運動や、ダンス等の複雑な運動ほど脳にいいと言われています。

lgf01a201404251400

ハーバード大学の疫学研究者ジェニファー・ウーヴによれば、70歳から81歳の女性、1万8766人の認知能力を分析した結果、週に12時間のウオーキングか4時間のランニングをしていた人は、記憶や知能テストで能力が衰える確率が20%低かったといいます。

「衰えた肉体は脳の衰えを引き起こす」といわれるように、運動は体を鍛えるだけでなく、脳も鍛えられることができて、運動によって脳の血流量が良くなることで、酸素が血液に運ばれて、脳へと行き渡り、脳の働きを強めるのです。

最近、物忘れが多くなったという方は、お時間がある時に、少しでもウォーキングやストレッチをやってみてはいかがでしょうか?

株式会社プレミアバンクのスタッフは、お客様にもっと身近に感じてもらえ、信頼してもらえるように情報発信を、Twitter、FaceBook、ブログで行っております。

Facebook:https://www.facebook.com/jumpei.sudo.5
Twitter:https://twitter.com/premierbank0222
Blog:http://premierbanksudo.blog.jp/


カテゴリー: 須藤 順平

タグ:

admin

株式会社プレミアバンク - 2015年10月7日

コメントを残す