1

須藤順平:アジアで銀行口座の開設に挑戦!!資産運用は海外で

皆様、こんにちは、株式会社プレミアバンクコンサルティング事業部の須藤です。先日、会社の夏休みを利用してタイ・カンボジアに初ひとり旅してきました。

今回の旅の目的は、三つありました。

11

一つ目の目的「カンボジアを肌で感じる」

株式会社プレミアバンクのビジネスパートナーでもある「カンボジア」がどのような場所なのかを見るためです。インターネットや口伝えでは聞くことはできますが、やはり実際に自分の目で見てみたかったからです。

カンボジアは内戦終結から20年しかたっていないため、道路がきちんと整備されておらず結構揺れて、タイからは車で乗り継ぎ9時間程かかりました。子供たちは、みんな笑顔がとても素敵で素直な子たちばかりでした。

2

二つ目の目的「タイの不動産投資視察」

以前、資産運用セミナーに行った際にタイの不動産投資について学び、不動産投資について興味を持ち始めたからです。

現在タイの首都バンコクを中心に、交通インフラ整備が急ピッチで進められています。 急激な都市化の結果、大渋滞が発生し、これらの緩和のために先進国並みの高架鉄道(BTS)や地下鉄(MRT)などの拡張工事が急務となっているからです。

7

バンコクでの不動産購入で押さえておきたいのが、高架鉄道(BTS)や地下鉄(MRT)などの鉄道の新路線の沿線、新駅に近いエリアです。新たなコンドミニアムにより、鉄道沿線上は居住人口が大幅に増加している傾向が伺えます。

9

三つ目の目的「自分で海外に行って口座を開設」

三つ目が一番大事な目的だったのですが、カンボジアでの銀行口座の開設です。

今の日本の銀行は低金利時代です。例えば、100万円を一年間預けていたとしても200円、300円しか金利は付きませんし、保障されるのは1000万円までです。それならば他で回したほうがはるかに効率的ですね。

12

ということで、まずは海外の銀行口座がないと話にならないので作りに行ったのですがそんな甘くなかったです。

出発前に日本でインターネットで調べてから行ったのですが、予期せぬことも多発しました。トゥクトゥク(三輪タクシー)で詐欺にあったり、危ない目にあったりと…

6

銀行受付では、私の英語力では足りず、辞書を片手に悪銭苦闘しながら何とか作ることが出来ました。旅費や労力を考えたらそこまで見合うものではなかったと感じました。

たしかに銀行の金利は高いですが「為替リスク」もありますので手堅いものではないですね。

4

自分で海外に行って口座を開設して、改めて思ったのはやっぱり、何事もプロに任せるのが一番です。動かすお金の桁も違いますし、運用のやり方も個人とは異なります。

株式会社プレミアバンクは「円建て」「お利息固定」「手間や無駄な手数料もかからない」です。自分で言うのもなんですがやっぱりいい商品だと改めて感じました。

10

今回、タイ・カンボジアに初ひとり旅に行くことでとても貴重な体験をすることができました。この経験を生かし、精進していきますのでこれからもよろしくお願いします!

PS:真山社長のカンボジア視察「利他の精神~カンボジア・プノンペン~」もお目通しください。
http://ceo.premierbank.jp/archives/2905

株式会社プレミアバンクのスタッフは、お客様にもっと身近に感じてもらえ、信頼してもらえるように情報発信を、Twitter、FaceBook、ブログで行っております。

Facebook:https://www.facebook.com/jumpei.sudo.5
Twitter:https://twitter.com/premierbank0222
Blog:http://premierbanksudo.blog.jp/


カテゴリー: 須藤 順平

タグ: , , ,

admin

株式会社プレミアバンク - 2015年9月16日

コメントを残す