2

齋藤勝利:今さら聞けない!投資信託の話その1

こんにちは、プレミアバンクの齋藤です。

今回は、投資信託についてです。

このブログをお読みになっている方の中にも投資信託を保有されている方もいると思います。

ところで、どんな種類の投資信託をお持ちですか?

●株式に投資するものですか?
●債券に投資するものですか?
●日本に投資してますか?
●海外に投資してますか?

どうでしょうか、きちんと把握されて何に投資していますとすぐ答えられる方はOKですが、もし答えられない場合はすぐに確認してくださいね。

何に投資しているかわからないのが一番いけないことです。

なぜなら、どういう時に値下がりするのかを把握できないからです。リスクのある商品だからこそ、悪い時のことを想定しておく必要があります。

1

ではここからは、投資信託の基礎的(上場投信を除きます)なことをご案内します。

まず大きく分けて、インデックスファンド(パッシブファンド)アクティブファンドがあります。

●インデックスファンドとは、指数に連動するように運用する投資信託です。
●アクティブファンドとは、指標になる指数を上回ることを目指す投資信託です。

どちらの場合でもファンドマネージャーというプロが運用を行っています。ただプロが運用するからといって必ず儲けてくれるわけではありませんので注意してください。

インデックスファンドの例でご説明します。

日本株ファンドは、日経平均もしくはTOPIX(東証株価指数)に連動するように運用しています。

従って日本株が上昇すればこのファンドも上昇しますが、日本株が下落すればこのファンドも下落するのです。日本株が下落しそうな時に上手く保有株を売却してくれる訳ではありません。

自分自身が株価が下落すると考えるのであればファンド自体を売却する必要があります。

なお、アクティブファンドについては次回以降にご案内します。もし運用でお困りの方は、株式会社プレミアバンクのコンサルタントもしくは顧客サポート部にお気軽にご相談ください。

誠実に真摯にご対応させていただいております。よろしくお願い致します。


カテゴリー: 齋藤 勝利

admin

株式会社プレミアバンク - 2017年8月1日

コメントを残す