Photo_17-08-08-14-36-00

荻原文勝:相棒(組み合わせの妙)

残暑お見舞い申し上げます。プレミアバンクの荻原文勝でございます。残暑お見舞いと言うのが憚られるくらい暑い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

猛暑になると、個人消費が上向くという過去の実績もありますが、その一翼を担っているのが鰻。

特に今年は土用の丑の日が7月25日と8月6日の2回ありました。土用の丑の日に合わせて鰻でスタミナ補給をされた方も多かったと思います。

Photo_17-08-08-14-36-02

さてその鰻が主役だとすると、名脇役はやはり山椒!ということで今回は山椒にスポットライトを当ててみたいと思います。

そもそもなぜ鰻に山椒をかけるのか。

理由を栄養面から見てみると山椒は胃腸を温め消化を促進する効果があるからなんです。栄養満点の鰻ですが、悩ましいのは油っぽくて消化が悪いというところ。

Photo_17-08-08-14-35-58

その悩ましさは山椒の粉末と鰻を組み合わせることで見事に解決できるのです。また山椒に含まれている成分のサンショールには、全身のホルモン分泌を活発にする効果が期待でき臓器の働きも活性化してくれるそうですよ。

Photo_17-08-08-14-35-56

栄養満点の鰻と胃腸の機能を高めてくれる山椒とのゴールデンコンビで、暑さに勝ちましょう!最後までお読み頂き誠にありがとうございました。

荻原文勝からの御挨拶


カテゴリー: 荻原文勝

admin

株式会社プレミアバンク - 2017年8月9日

コメントを残す