780

荻原文勝:路上の芸術「ご当地マンホール」

皆様が普段歩いている道路に隠れた芸術品が隠れていることをご存知でしょうか。

その名は「ご当地マンホール」。

ご当地マンホールはその土地の名所や特産品、歴史などが描かれており「路上の芸術」とも称されています。

1

私は日々、首都圏の色々な街にお邪魔しますが、そこで出会った(独断と偏見による)ご当地マンホールのベスト3を以下で発表致します。

<第3位>小田原市(神奈川県)
旧東海道の酒匂の渡しをモチーフに背後には小田原城や富士山が描かれています。

<第2位>松戸市(千葉県)
可愛いコアラの親子が描かれています。コアラの掴まっている木はコアラの大好物のユーカリでユーカリは松戸市の木となっています。

<第1位>戸塚区(横浜市)
歌川広重の東海道五十三次の戸塚宿を箱根駅伝の選手が走っているという時代を超えた夢のコラボレーションとなっています。

2

いかがだったでしょうか。

人生も資産運用も前や上を向く必要がありますが、時にはご当地マンホールを見るように足元を見つめ直す必要があります。

そんな時は私、荻原文勝までお気軽にお問い合わせください。お客様に最適な資産運用の御助言をさせて頂きます。また私の街にはもっと素敵なご当地マンホールがある(わ)よという方はぜひ教えてくださいね。

4

最後までお読みいただきありがとうございました。


カテゴリー: 荻原文勝

admin

株式会社プレミアバンク - 2017年5月24日

コメントを残す