k

松本廣喜:新入社員の方に取り組んでほしい「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」

こんにちは、株式会社プレミアバンクコンサルティング事業の松本廣喜です。

2017年も3月に突入し、もうすぐ4月ですね。晴れて新入社員になる方は、不安や希望に溢れた時期だとは思います。

今回は、わたし株式会社プレミアバンクの「じいじ」こと松本廣喜も、これまで沢山の新入社員を迎えてきました。そこで将来の日本を背負う新入社員に「一番の心得」をお教えいたします。

2

社会人としての一番の心得

ビジネスの基本、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は聞いたことがあるかと思います。そこでまずは、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)の目的と必要性を理解してください。

当たり前のことですが、ベテラン社員でもできない人はいます。新人のうちに癖をつけておかないと、そのまま報告・連絡・相談(ホウレンソウ)のできない中堅社員になってしまいます。

1

また、日ごろから「多くの経験を積み、そこから気付き、学ぶこと」も忘れないでください。こちらを意識することにより、一年間で自分がどれだけ成長したか実感できると思います。

日々の業務では、毎日様々な変化との出会いばかりです。どのように工夫をすれば、今よりもっと良いものになれるのかを考えてください。

毎日の意識(考える力)の差により、成長度も差が付く事を忘れずに「じいじ」より…


カテゴリー: 松本 廣喜

admin

株式会社プレミアバンク - 2017年3月10日

コメントを残す